[ボゴタ 23日 ロイター] - ベネズエラのマドゥロ大統領は、コロンビア領内に侵入していた部隊を撤収する意向を示した。コロンビアのサントス大統領が23日、明らかにした。

サントス大統領はテレビで、コロンビアのアラウカ県にベネズエラ兵70人あまりが侵入しており「容認しがたい。マドゥロ大統領と協議し、大統領はコロンビア領内からの軍撤退を指示したと言明した」と述べた。

ベネズエラのロドリゲス外相はこの後、コロンビア領内への侵入はは降雨に伴いアラウカ川の流れが変わったことが原因だったと釈明。

「この地域では。はんらんによって河川が変化する」と述べ、近く両国の外交関係者が協議を行うと述べた。

両国の関係は何年にもわたって緊張しており、ベネズエラは密輸防止として複数回国境を閉鎖している。