[ブリュッセル 24日 ロイター] - 欧州連合(EU)当局者は24日、昨年のギリシャ基礎的財政黒字が国内総生産(GDP)比で2─3%と、支援プログラムの目標である0.5%を大きく上回り、従来予想の2%から拡大したとの認識を示した。

想定を上回る見通しを受け、支援協議が順調に進む可能性がある。

当局者はロイターの取材に、ギリシャ当局が現時点でGDP比3.5%前後と推計していると指摘、4月に最終的なデータが出るとの見通しを語った。

EUの行政機関、欧州委員会などがデータを評価中で、現時点でギリシャ側と比べてより慎重な見通しを立てていると説明。この水準でも「大変な期待以上の実績」との認識を示した。