[ワシントン 26日 ロイター] - 米ホワイトハウスは26日、医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案に反対した共和党保守派に対し、税制改革など今後の法案ではトランプ大統領を支持するよう求め、協力が得られなければ民主党と協議する用意もあるとの立場を示した。

プリーバス大統領首席補佐官は「フォックス・ニュース・サンデー」で、予算案や税制改革、新たな医療保険制度改革などで共和党だけでなく民主党とも協力する可能性があることを示した。

「大統領が目指す政策を共和党だけで実現できるならそうする」としながら、「誰とでも話し合う用意があるという事実上の警告だ」とも述べ、「これまで以上にその可能性が高まった」との考えを示した。

トランプ大統領もツイッターで「フリーダム・コーカス」など共和党の保守派グループを強く批判し、オバマケア代替法案への保守派の反対は「民主党を喜ばせる」結果になったと述べた。

下院歳入委員会のブラディ委員長はフォックス・ニュースの番組で、オバマケア代替法案を巡る調整が進められている間も税制改革に向けた作業は進行していたとし、改善を重ねた上で、春に委員会での法案採決を目指すと述べた。また、下院の案に対し財務省やホワイトハウスが対抗案を出すのではなく、下院案がトランプ大統領の改革案の土台になることが望ましいとの考えを示した。

プリーバス首席補佐官は税制改革について、トランプ大統領は国境調整を盛り込む必要性について考えを変えないと強調したほか、中間層向け減税も盛り込まれるとし、民主党穏健派の支持を得るための一助となる可能性があると述べた。