[ブラジリア/北京 25日 ロイター] - 中国当局は25日、ブラジルの食肉不正疑惑を受けて決めた禁輸措置を解除すると発表した。これに先立ち、ブラジル側は疑惑を巡る捜査の詳細を明らかにしていた。

最大の輸出先である中国のほか、エジプトやチリも禁輸措置を解除し、問題が鎮静化に向かうと期待されている。

食肉業界はブラジルの深刻な景気後退(リセッション)の影響を受けていない数少ないセクター。ブラジルのテメル政権はこの疑惑が業界のダメージにつながることを懸念し、輸出相手国に対し不正は限定的なものという説明に努めている。

マッジ農相は中国の決定を歓迎し、捜査に直接関連する21の加工工場からの輸出を禁止する措置を継続すると述べた。