[フランクフルト 27日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラウテンシュレーガー専務理事は27日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)により英国から欧州へと移転する銀行について、ECBの規則の準拠には数年の時間が与えられる可能性を示唆した。

記者会見で「ブレグジットでおそらく多くの銀行がEU地域に移ってくる。われわれの基準の準拠には段階的な猶予期間が認められるだろう」と述べ、状況に応じて数カ月、数年に及ぶ可能性もあるとした。