[ブリュッセル 27日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのスメッツ・ベルギー中銀総裁は、ECBの金融スタンスはこれまでの決定通りとした。

総裁は「われわれのフォワード・ガイダンスは明確であって、われわれはそれを堅持すべき。この問題について他の考え方があるなら、それは少数派の立場を反映したものだ」とした上で、「金融スタンスは、金利や資産買い入れプログラム、フォワード・ガイダンスを含め、引き続きわれわれが決定した通りだ」と言明した。

ECB内では、物価上昇や経済成長の強まりを踏まえ、現行の刺激策の解除開始などについて新たに議論すべきとの声も聞かれるが、総裁は、インフレ率は回復しておらず、賃金の伸びも依然弱いと指摘。「実体経済が持ち直し、一段の金融緩和が必要となる悪化シナリオが後退していても、インフレの持続的反転は確認されていない」と述べた。

最近のインフレ率が持続的なものとなった時点で、ECBは政策の正常化や刺激策終了の伝達について、米連邦準備理事会(FRB)の例などを参考にしながら検討することが可能とした。