[ワシントン 27日 ロイター] - 米下院は、税制改革の一環として医療保険制度改革法(オバマケア)に関連した税の撤廃を求めない方針だ。下院歳入委員会のブラディ委員長(共和党)が27日に明らかにした。

委員長は記者団に対し「オバマケアに関連した税を税制改革の取り組みに持ち込もうと考えたことはないし、現在も考えていない」と述べた。

その上で、オバマケア関連の税は「同法を撤廃すればなくなるが、残念なことに存続している」と語った。