[フランクフルト 27日 ロイター] - Z/Yenの調査によると、ロンドンは世界金融センター指数(GFCI)で首位の座を維持したが、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)通告を控えて、金融業界での評価は昨年9月の前回調査から大きく低下した。

2位はニューヨークで、シンガポール、香港、東京が続いた。欧州の他の金融センターは依然としてロンドンに大きく後れを取っている。

調査では、銀行など金融業界関係者がブレグジットや欧米での保護主義の台頭について懸念を強めていることが示された。

調査は「ブレグジットはロンドンだけでなくすべての金融センターにとって不透明感の要因になっている」と指摘。

Z/Yenグループのマイケル・メインリ氏は「ロンドンの評価が下がることで欧州大陸が得しているわけではない」と指摘。欧州大陸に飽きたという見方が数多く示されていると説明した。

GFCIは金融業界関係者を対象に業界での評判やインフラ、事業環境などについて行った調査を基に算出。

最新調査はメイ英首相が1月にEU単一市場からの離脱を表明した以前に実施したため、ロンドンのスコアがその後さらに悪化した可能性がある。