[東京 28日 ロイター] - 菅義偉官房長官は28日の閣議後会見で、赤間二郎総務副大臣が前週末に台湾を訪問したことに関連して、「政府としては台湾との関係を非政府間の実務関係として維持していくとの立場を踏まえ、日台間の協力と交流は進めていきたい」と述べた。

現職副大臣の台湾訪問に、中国が「挑発は許さない」などとして強く反対する姿勢を示したことについて聞かれ、答えた。1972年の日台断交後、日本は中国への配慮から政府高官の訪台を自粛してきた。共同通信などの報道によると、副大臣が公務で台湾を訪問するのは断交後初めてのこと。

菅官房長官は「日本と台湾は緊密な経済関係と人的往来を有する重要なパートナーだ」としたうえで、赤間副大臣の訪問について「日本の地域の魅力を強く訴え、幅広い台湾の方々の理解が深まることは日本と台湾の経済関係、人的往来をさらに深めていく観点から意義あると思っている」と説明した。

赤間副大臣は台北を訪問し、「日本台湾交流協会」主催のイベントで日本の食品、日本酒、工芸品や観光地などを紹介した。

(石田仁志)