3月24日、米共和党は、議会下院で予定していた採決直前になって医療保険制度改革(オバマケア)代替法案を撤回した。写真右はトランプ米大統領。ワシントンのホワイトハウスで撮影(2017年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 24日 ロイター] - 米共和党は24日、議会下院で予定していた採決直前になって医療保険制度改革(オバマケア)代替法案を撤回した。トランプ大統領と議会共和党指導部はぎりぎりまで採決に持っていくと主張していただけに、面目は丸つぶれとなった。

 これにより、トランプ氏が重要法案を議会で可決させる能力があるのかどうか疑問が生じたばかりか、同氏がビジネスで培った交渉力を生かして「政治の淀みを一掃」し、ワシントンを改革するという約束を果たせるかどうかも雲行きが怪しくなってきた。

 ホワイトハウスとしては今後、税制改革や大規模インフラ投資などを他の懸案とともに年内に進めたい意向だが、戦略を練り直す必要やライアン下院議長など議会共和党指導部が当てになるのかという点を考えざるを得なくなっている。

 ウィスコンシン州の共和党員で相応の影響力を持ち、しばしばトランプ氏を批判している政治コメンテーター、チャーリー・サイクス氏はツイッターに「トランプ政権にとって最も重大な1日だ。単なる失策ではなく、驚くほどの失策と言える」と投稿した。

 オバマケア代替法案の撤回に至ったことついてトランプ氏は、自身の経験不足も一因とみているようだ。「われわれは忠誠心について、また賛成票獲得の過程について多くの学んだ」と発言し、他の優先的な政策課題に取り組むと付け加えた。