[北京/台北 29日 ロイター] - 中国の台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の馬暁光報道官は29日の定例会見で、台湾の男性を国家の安全を脅かした疑いで拘束し、捜査していることを明らかにした。

この男性は、中国での人権活動支援で知られる台湾のコミュニティ・カレッジの職員。19日にマカオから広東省珠海に入った後、行方がわからなくなっていた。

同件について中国の当局者がコメントするのは今回が初めて。馬氏は、法的な手続きに則って捜査されるとした上で、家族のリクエストを「見て」いると語ったが、詳細は明らかにしなかった。

男性が勤務するコミュニティ・カレッジの代表で家族のスポークスマンでもある男性は、「面会を求める」意向をロイターに示した。