[北京 29日 ロイター] - 中国外務省の陸慷報道官は29日、同国は地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」の取り組みを続けると言明した。

トランプ米大統領は28日、温暖化対策としてオバマ前政権が導入した一連の規制を撤廃する大統領令に署名した。

これについて同報道官は定例記者会見で、温暖化への対応は世界共通の課題で、パリ協定は米中を含む国際社会の努力によって実現した画期的な合意だと指摘した。

その上で「全ての国が時代の流れに沿って、機会を捉えて約束を果たし、積極的な取り組みによって合意を実現していくことを支持する」と述べた。

「他の国の環境政策がどう変わっても、中国は責任ある途上国として温暖化への対応で決意、目的、政策を変更することはない」と強調した。