[フランクフルト 29日 ロイター] - 米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は29日、連邦準備理事会(FRB)は年内は少なくとも2回の利上げを実施するとの見方を示した。

また、年内最大4回の利上げが実施される可能性もあるとしたが、そのためにはファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)の改善が必要になるとの考えを示した。

同総裁は記者団に対し、米経済はインフレ率がFRBが目標とする2%をやや超えることを許容し、小規模なインフレ「バッファー」を作り出すことはできると考えていると述べ、他の当局者よりも慎重な金利見通しを示していることの理由を説明。

「現時点では年内は2回の利上げが非常に安全だと考えている。見通しを巡る信頼感が増せば3回もあり得る。状況が一段と良くなれば4回の可能性もある」と述べた。