[ベルリン 29日 ロイター] - メルケル独首相は29日、英国が正式に欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を通知したことを受けて、離脱の条件が確定するまで、将来の英国とEUの関係に関する協議は行わないと言明した。

メルケル首相はブレグジット交渉に「公正かつ前向きな」アプローチで臨むとし、英国とEUはこれまで深い関係を築いてきたため、離脱に伴う混乱を最小限に抑えるよう注力すると述べた。

その上で「交渉ではまず、この緊密な関係をどのようにとき解いていくかを明確にする必要がある。EU加盟に伴う多くの権利と義務の問題に取り組むべきだ」と指摘。「その後ようやく、われわれは将来の関係について話し合うことができる」とした。