[ニューヨーク 29日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁は29日、米連邦準備理事会(FRB)が今年の利上げ終了後に、金融危機後に4兆5000億ドル程度に膨らんだ保有債券の縮小を開始することが可能との見解を示した。

さらに、バランスシートの縮小は「バックグラウンド」で進められることになるが、利上げペースに影響する可能性があると語った。

また、バランスシートの縮小は「数年」を要することになり、現在の超過準備の水準を「著しく下回る」見通しとした。