3月28日、英国のEU離脱を巡る不透明感を反映し、英長期国債が主要国の国債市場の中で最も堅調に推移しているが、インフレ率の上昇などが契機となり、上昇相場に終止符が打たれるかもしれない。写真はユーロ硬貨と英ポンド紙幣。英マンチェスターで昨年3月撮影(2017年 ロイター/Phil Noble/Illustration)

[ロンドン 28日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感を反映し、英長期国債が主要国の国債市場の中で最も堅調に推移している。しかし、インフレ率の上昇やイングランド銀行(中央銀行、BOE)の利上げ観測の高まりが契機となり、上昇相場に終止符が打たれるかもしれない。

 20年物と30年物の英国債利回りは27日、約5ヵ月ぶりの低水準に近付いた。対照的に、期間が短めの英国債利回りは先週、1月初め以来最大の上昇率を示した。2月の消費者物価指数(CPI)の前年比伸び率が2.3%と、中銀目標の2%を超えたことが背景にある。

 英国債の2年物と30年物の利回り格差は157ベーシスポイント(bp)前後に縮小。主要国でこれよりもイールドカーブ(利回り曲線)がフラットなのは日本だけだ。

 長期国債の利回り低下には、EU離脱後の英国経済が低迷し、ひいては物価、金利に影響を及ぼすのではないかとの警戒感が寄与している。しかし多くのストラテジストは、物価上昇の可能性が過小評価されており、利回りはいずれ上昇するとみる。

 2%の物価目標が将来にわたって達成されると想定した場合、インフレ率を差し引いた英長期国債の実質利回りは現在、50年物に至るまでマイナスとなっている。

 直近のロイター調査では、CPI上昇率は今年末に3%に近付く見通しだが、前回物価が高騰した2008─11年の経験に照らすと、これでも低過ぎるかもしれない。

 ノムラの国際調査責任者、ケビン・ゲイノー氏は「英国債市場は、現時点で最も大きな(イールドカーブの)スティープ化取引を仕掛けられる市場だ。インフレ動向は予想よりずっと悪いものになるだろう」と述べた。

 先週公表されたロイター調査では、現在1.175%前後の10年物英国債利回りは1年後に1.67%前後まで上昇する見通し。しかし2.0%以上に達すると予想したストラテジストも数名いた。