[ワシントン 29日 ロイター] - ライアン米下院議長は、トランプ大統領が医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案で民主党と協力することを望まないとの立場を示した。

30日に放送されるCBSテレビのインタビューの一部が29日に明らかになった。

その中で議長は、オバマケア代替法案を巡る共和党内の相違を受け、トランプ大統領がオバマケア撤廃を掲げた選挙公約を果たすために民主党に歩み寄るのではないかと危惧していると述べた。

民主党と協力してオバマケアの見直しを行うことは「とうてい保守主義の政策とは言えない」とし、「医療保険は政府が運営するべきではない」との考えを示した。