[ベルリン 30日 ロイター] - ドイツのガブリエル外相は30日、英国と欧州連合(EU)によるブレグジット(英EU離脱)交渉は困難となった後に幾分スムーズに進むことになるとの見解を示した。

同相は「EUが進める英国とのブレグジット交渉は容易なものとはならないだろう。事態は一時困難となってから再び容易になるという格言があてはまる」と語った。

交渉は5月末の開始を見込むとしたうえで、「英国とドイツは友好関係を維持すべきだ。疎遠になるのはサッカー場だけにとどめたい」と語った。