[30日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は30日、米経済は低調だった第1・四半期から回復すると見られるとし、連邦準備理事会(FRB)は一段の利上げを実施し、年内にもバランスシートの縮小に着手する必要があるとの考えをあらためて示した。

同総裁は講演で、「経済情勢が予想通りに展開すれば、フェデラルファンド(FF)金利の引き上げを通した緩和策の一段の解消が必要になると考えている」とし、「年内に(FRBのバランスシートをめぐる)再投資計画を変更することにも異議はない」と述べた。

米経済については「景気拡大を支援する基調的なファンダメンタルズは健全だ」とし、「第1・四半期の経済成長率は低調だった可能性があるが、これは一時的な要因などをおおむね反映したものと考えている」と述べた。

タカ派として知られる同総裁は来年、連邦公開市場委員会(FOMC)の投票権を持つメンバーとなる。