[サンフランシスコ 30日 ロイター] - 米司法省は30日、イスラム圏諸国からの入国を制限する新たな大統領令の差し止めを命じたハワイ州連邦地裁の判断に対し、控訴した。

サンフランシスコの第9巡回連邦控訴裁判所が訴えを審理する。同控訴裁は先月、イスラム圏7カ国からの入国を制限する最初の大統領令の一時差し止めを支持する判断を示している。

司法省はまた、ワシントン州シアトル連邦地裁に対し、控訴審の判断が示されるまで、ワシントン州が起こした入国制限の差し止めを求める訴えについて審理を停止するよう求めた。

*内容を追加しました。