[ロサンゼルス 30日 ロイター] - 米コーヒーチェーン大手のスターバックス<SBUX.O>は来週、シアトルの本社ビル内に「モバイルオーダー&ペイ」専用店舗をオープンする。従業員への書簡で30日に明らかにした。

スターバックスはアプリ経由での注文によりピーク時にドリンクの受け渡しで店内が混み合う問題が生じており、混雑解消の方法を探っている。

スターバックスは本社ビル内に既に2店舗を構えるが、このうち従業員のみが利用できる1店舗はモバイル注文の数が全米上位3店舗に入っている。

新店舗はドリンク受け渡し場所を大きくしており、今後、ビル内からのモバイル注文はこの店舗に送られる。

スターバックスはまた、本社ビルの既存2店のうち、一般客も利用できる店舗を今秋、高級コーヒーを提供する「リザーブ」店に転換する。その後、シカゴにリザーブ店の2店舗目をオープンする計画という。