ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
【前回までのあらすじ】
中国に留学中の隆嗣は、民主化運動学生グループの集会に参加し、各大学のリーダー陳祝平、焦建平、李傑たちとも知り合うようになっていた。
慶子と連絡を取り合うようになった幸一は、出張と偽って上海にやってきた。慶子の告白を聞き、幸一も日本を逃げだした自分の過去を明かす。

(1989年3月、上海)

 帰国する隆嗣との別れを惜しむため、ジェイスンたちが大学裏の鍋貼(焼き餃子)屋を貸し切りにして開いてくれた送別会には、多くの友人が集まってくれた。留学生仲間や立芳の友人たち、それに陳祝平や李傑はもちろんのこと、興工大学からも焦建平たちが駆けつけてくれた。

 狭い店内は椅子に座る余地もなくなり、みんな餃子を盛った皿と温いビールが入ったコップを両手に持って、入れ替わり隆嗣の前へ現れる立食パーティーになっていた。

 「私たちのことを忘れないで」「俺たちは生涯の友人だ」「立芳に愛想尽かしされないよう、早く戻って来いよ」

 言葉は様々だが、みんなの心は胸の奥深くに伝わった。そんな隆嗣の傍で、立芳は慰めと冷やかしに応じていたが、その顔は微笑みながらも目尻を濡らしていた。

 「また会おう」

 祝平は、律儀な性格そのまま、強く手を握り締めてくれた。

 「I'M JUST WAITING ON A FRIEND を唄いたい気分だね。再会の時を待っているよ」

 洒落気のある建平は、お気に入りのローリングストーンズの曲名に託して、隆嗣との別れを惜しんでくれた。

 いつも口角泡を飛ばし議論を戦わせるほど立芳の身近にいて仲が良かった李傑には、

 「僕がいないあいだ、立芳を頼むよ」と、隆嗣から声を掛けたが、感情がこみ上げたせいか、彼は唇を閉じ頬に力を入れたまま、言葉も無く隆嗣の肩を叩いて応じていた。

 いつもの馬鹿陽気さは影を潜め、さすがに今日ばかりは淋しげなジェイスンが問う。

 「ロン、君の希望業種は何だい」

 隆嗣が3月という中途半端な時期に帰国するのは、日本で大学4年次に復学し、就職活動をするためと知っているのだ。彼もこの年の8月にアメリカへ帰国する予定らしい。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    村上卓郎(むらかみ・たくろう)

    1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


    連載経済小説 運命回廊

    〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
    その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
    バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

    「連載経済小説 運命回廊」

    ⇒バックナンバー一覧