[上海 1日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は1日、金融政策委員会の四半期会合後に声明を発表し、中国経済は引き続き「総じて安定」しているものの、「過小評価できない」複雑性に直面しているとの見解を示した。

人民銀はウェブサイト上に掲載した声明で世界経済について、引き続き世界金融危機を受けた調整局面にあると分析。世界市場には依然として多くのリスクが存在すると指摘した。

今後も穏健・中立的な金融政策を遂行していくと表明し、流動性を安定的水準に保つため、さまざまな金融政策手段を活用していく方針を示した。

人民元為替レートに関し、引き続き妥当かつ安定的水準に維持するとも表明した。