[北京 2日 ロイター] - 中国商務省の報道官は1日、トランプ米大統領が不公正貿易の是正に向けて新たに2つの大統領令に署名したことを受け、米国に対し、国際貿易ルールの順守と協力および対話の改善を求めた。

報道官は、米国のいかなる貿易措置も一般に認められている国際貿易ルールを順守すべきであり、2国間の相違については適切に処理されるべきと指摘。

「中国は平等および相互利益に基づき、米国と協力する用意がある」と述べた。

報道官の談話の内容が同省のウェブサイトに掲載された。

トランプ大統領は3月31日、米貿易赤字の原因になっている不公正貿易の調査を命じる大統領令などに署名した。

今週6─7日にはフロリダ州に中国の習近平国家主席を迎えて初の首脳会談を開く。会談では、北朝鮮問題や南シナ海問題に加え、貿易問題が主要テーマとなる見通し。