ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
入社1年目の教科書
【第1回】 2011年5月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
岩瀬大輔 [ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長兼COO]

「使えるヤツ」は入社1カ月でわかる!
新入社員にこれだけは守ってほしい3つの原則

1
nextpage

社会人としての「勝負どころ」は、入社1年目、転職1年目、異動による着任初日など、最初に訪れる機会。最初に「アイツは伸びる!」と良い印象を与えられれば、次の仕事の依頼は難なく回ってくる。仕事が回ってくることで、成長の機会も増える。

最初に訪れたチャンスをつかみ、ベストの働きをするために、入社初日からこれだけは守ってほしい仕事の3つの原則とは? 書籍『入社1年目の教科書』の最初に出てくるポイントを紹介する。

わが社にも、
新入社員がやってきた

 私が新卒で入社したのは、外資系のコンサルティング会社でした。

 投資会社などを経て、米国ハーバード・ビジネス・スクールでMBAプログラムを修得。上位5%の成績優秀者に与えられる「ベイカー・スカラー」の称号を得て帰国し、ライフネット生命保険の母体となる会社を設立、現在は副社長として日々奮闘しています。

 20代、30代を速いスピードで駆け抜けてきた自覚はありませんが、周りからはそう言われることもあります。

 この春、2008年の開業以来初めて、わが社に新入社員がやってきました。

 まさに、本書のタイトルにもある「入社1年目」の人たちです。

 彼らに、仕事においての原理原則のようなもの、働く上での基本的なルールのようなものを伝えたい。苦しいとき、悩んだとき、ふと読み返してもらえるようなもので、なおかつ、読みながらすぐに具体的な行動に移せるようなものがいいだろう。それが『入社1年目の教科書』を執筆したきっかけでした。

駆け抜けてきた20代、30代を
支えた「3つの原則」

 様々な経験を踏まえて今振り返ると、組織は変わっても私の中で変わらない、仕事における「芯」のようなものがありました。それは、仕事に取り組む際に大切にしてきた3つの原則です。

 この3つは、決して目新しいものではありません。しかし、3つの原則を死守してきたからこそ、私の成長は加速されたと信じています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新入社員から社長まで ビジネスにいちばん使える会計の本

新入社員から社長まで ビジネスにいちばん使える会計の本

安本隆晴 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2016年4月

<内容紹介>
ユニクロ、アスクルなどの監査役を務める著者が、決算書の注目点から資金繰り、会計PDCAの回し方まで、知識ゼロから結果を出す方法をやさしく教えます。本書がめざすのは、知識をたくわえるだけの会計ではなく、実際にビジネスの現場で使える会計です。重要な数字をもとに考え行動することで、ビジネスの成果は大きく変わります。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、5/15~5/21)


注目のトピックスPR


岩瀬大輔 [ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長兼COO]

1976年埼玉県生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。1998年卒業後、ボストン・コンサルティング・グループなどを経て米国に留学。2006年ハーバード経営大学院(HBS)を日本人4人目のベイカー・スカラー(成績上位5%表彰)として修了。帰国してライフネット生命保険設立に参画。2013年6月より現職。2010年、世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」に選出。内閣府IT戦略本部専門調査会委員。 主な著書に『ハーバードMBA留学記~資本主義の士官学校にて~』(日経BP社)、『生命保険のカラクリ』(文春新書)、『ネットで生保を売ろう!』(文藝春秋)、論文に「規制緩和後の生命保険業界における競争促進と情報開示」(「保険学雑誌612号」2011年3月号)などがある。


入社1年目の教科書

 社会人としての「勝負どころ」は、入社1年目、転職1年目、異動による着任初日など、最初に訪れる機会。すべての印象は、初めての機会で形成されます。最初に訪れたチャンスをつかみ、周囲から期待されるビジネスパーソンになるためには、どんな「準備」が必要なのでしょうか。短期集中連載として、チャンスをつかみ、いち早く「将来活躍する新人」になるための、仕事に取り組む姿勢や具体的な行動のしかたをお伝えします。

「入社1年目の教科書」

⇒バックナンバー一覧