ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

犯行時間わずか32秒!
映画のような鮮やかな手口でダイヤを奪う
謎の国際強盗団「ピンクパンサー」を追え!

NHK「追跡!AtoZ」取材班
【最終回】 2011年5月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
中東ドバイで開かれたインターポール主催の国際会議。特定の犯罪組織を対象にした会議としては異例。

 今年2月、中東の巨大都市ドバイで、ある国際会議が開かれた。「プロジェクト・ピンクパンサー」。インターポール(国際刑事警察機構)が特定の犯罪組織を対象に主催した異例の会議で、日本をはじめ24ヵ国の警察が参加した。

 ピンクパンサーの犯行が始まったのは、1990年代の末。白昼堂々、宝石店を襲い、狙ったダイヤを数十秒で奪い去るのが特徴だ。映画「ピンクパンサー」と似た手口の犯行があったことから、イギリスの警察が名付けた。

 インターポールによると、メンバーは世界で200人以上とされ、その多くが旧ユーゴスラビアのセルビアとモンテネグロの出身と見られている。当初は、同じヨーロッパの国々が狙われていたが、その後、犯行はアメリカや中東など28ヵ国に拡大。被害総額は350億円以上におよぶ。

犯行時間はわずか32秒。
奪われた2億円のティアラ

 ターゲットの1つが日本だ。4年前には東京・銀座の宝石店が襲われ、100カラットのダイヤがちりばめられた2億円のティアラが盗まれた。実行犯の1人とみられるリファト・ハジアフメトヴィチ被告は、去年8月に逮捕された。

 防犯カメラによると、犯行はわずか32秒あまり。客を装ったリファト被告が、ティアラの置かれたショーケースに向かい、仲間が店員の気を引く隙にケースをこじ開けた。気づいた店員を仲間が催涙スプレーで威嚇。店員が女性だけになる、わずかな時間を狙った犯行だった。

銀座の宝石店を襲ったとして逮捕されたリファト・ハジアフメトヴィチ被告(写真左)。犯行時、店員を仲間が催涙スプレーで威嚇している(写真右)。

 リファト被告は事件の2ヵ月前にチェコの偽造パスポートで入国し、来日は初めてだったとみられる。慣れない日本で、なぜ手際よく犯行に及ぶことができたのか。

 追跡チームが独自に入手したインターポールの捜査資料から、リファト被告が日本に住む外国人のネットワークを巧みに利用していたことが明らかになった。

 その1人が、南米出身のジュリア(仮名)。日本に長く住み、六本木でホステスをしていた。リファト被告はイラン人の仲介者を通じてジュリアを協力者にし、犯行の準備を進めるための拠点として六本木のマンションを利用していたほか、携帯電話も提供させていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!
最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピーク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

NHK「追跡!AtoZ」取材班

毎回、担当ディレクターが取材内容をもとに執筆、番組内容を再現。
記事の後半では、元社会部記者で「週刊こどもニュース」のお父さん役も務めた番組キャスターの鎌田靖解説委員が、「キャスター日記」として取材を振り返りながら総括する。
◎番組ホームページは、こちら


追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

政治から犯罪、社会問題まで、読者がいま一番知りたい話題を徹底追跡。その背景に迫ることで、時代を読み解いていく。NHKで放送中の同名ドキュメンタリー番組をウェブ用に再構成してお届けします。

「追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント」

⇒バックナンバー一覧