[フランクフルト 3日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は3日、ECBは、積極的な景気刺激策が金融の安定を阻害している証拠は得ていないと述べた。

パリで開かれたイベントでの発言。

市場では、超低金利政策が一部の債券に与える影響についての懸念が浮上している。

同専務理事は「これまでのところ、現行の一連の金利政策が市場の円滑な機能や金融の安定、われわれの政策の伝播のリスクになっている証拠は得ていない」と述べた。