[サンクトペテルブルク(ロシア) 3日 ロイター] - ロシア第2の都市であるサンクトペテルブルクの地下鉄の車内で現地時間3日午後2時40分ごろ爆発が起き、少なくとも11人が死亡、45人が負傷し、病院に搬送された。ロシア連邦捜査委員会はテロの疑いがあるとして刑事捜査を開始した。

爆発は「センナヤ広場」駅付近で発生。事件を受け当局はペテルブルクのすべての地下鉄の駅を閉鎖、首都モスクワでも地下鉄の警備が強化された。

この日はプーチン大統領がベラルーシのルカシェンコ大統領との会談のためにサンクトペテルブルクに滞在中だった。プーチン大統領は事件発生直後、爆発の原因は明らかになっていないとしつつもテロ行為を含めすべての可能性を捜査すると表明。夜には現場近くを訪れ、犠牲者に花を捧げた。

現時点で犯行声明は出ていない。

インタファクス通信は当局者の話として、現場の状況から、事件はイスラム過激派とつながりのある人物による自爆攻撃とみられると伝えた。

ロシアでは過去に、北コーカサス地方のイスラム系反政府組織による爆弾攻撃が起きている。

当局は今回の爆発事件とイスラム過激派とのつながりを正式に確認していない。

インタファクスによると、当局は事件に関わった疑いがあるとして2人の人物の捜索令状をとり行方を追っている。関係筋はこのうち1人が地下鉄の車両内に爆発物を仕掛け、もう1人が別の地下鉄駅「革命広場」に爆発物を置いた疑いがあるとしている。

インタファクスはまた、地下鉄の車両内で爆発した爆発物には鋭い金属片が詰められており、ブリーフケースの中に隠されていた可能性があると報じている。ロシアの対テロ委員会によると、別の地下鉄駅で見つかった爆発物は爆発せず、安全処置がとられた。

事件を受けフランスの首都パリでも警備が強化されるなど、波紋は海外にも広がっている。

*情報を追加します。