ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
入社1年目の教科書
【第5回】 2011年5月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
岩瀬大輔 [ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長兼COO]

ビジネスで「親しくなった」は要注意!
相手との距離感を誤るな

1
nextpage

可愛がってもらった先輩や仕事相手の方に、
メールで書いた「○○さん」という敬称、これはNG。
意外と知らない、相手との距離感のとり方とは?

 

同世代や年下の上司。立場と年齢が逆転する中で、
言葉遣いをどうすればいいか

 中途入社が増え、雇用形態が多様化している現代の組織では、立場と年齢が逆転するケースが増えています。そうした状況の中、言葉遣いをどうすればいいのかわからないという話をよく耳にします。

 僕は、比較的年功序列の考え方で自分の行動を決定しています。

 年齢が自分より上の人には、無条件で敬意を払うようにしています。

 たまたま会社の立場が上だからといって、自分より年上の人に偉そうな口をきいている人間を見ると、正直気分は良くありません。

立場に関係なく、一つ上なら
「○○さん」と呼ぶ

 ライフネット生命で僕は立場が上のほうにいますが、常に実践しているルールがあります。

学年が一つでも上の人には、必ず敬語を使います。敬称もさんづけです。学年が同じ人の場合は、敬語を使うか使わないかはその時々で変わりますが、決して名前を呼び捨てにすることはありません。

 その代わり、僕が生まれたのは1976年3月なのですが、同級生には丁寧語を使う代わりに、たった1ヵ月しか違わない76年4月生まれの人は年下扱いをしています(笑)。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


岩瀬大輔 [ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長兼COO]

1976年埼玉県生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。1998年卒業後、ボストン・コンサルティング・グループなどを経て米国に留学。2006年ハーバード経営大学院(HBS)を日本人4人目のベイカー・スカラー(成績上位5%表彰)として修了。帰国してライフネット生命保険設立に参画。2013年6月より現職。2010年、世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」に選出。内閣府IT戦略本部専門調査会委員。 主な著書に『ハーバードMBA留学記~資本主義の士官学校にて~』(日経BP社)、『生命保険のカラクリ』(文春新書)、『ネットで生保を売ろう!』(文藝春秋)、論文に「規制緩和後の生命保険業界における競争促進と情報開示」(「保険学雑誌612号」2011年3月号)などがある。


入社1年目の教科書

 社会人としての「勝負どころ」は、入社1年目、転職1年目、異動による着任初日など、最初に訪れる機会。すべての印象は、初めての機会で形成されます。最初に訪れたチャンスをつかみ、周囲から期待されるビジネスパーソンになるためには、どんな「準備」が必要なのでしょうか。短期集中連載として、チャンスをつかみ、いち早く「将来活躍する新人」になるための、仕事に取り組む姿勢や具体的な行動のしかたをお伝えします。

「入社1年目の教科書」

⇒バックナンバー一覧