[ワシントン 4日 ロイター] - 米戦略軍のジョン・ハイテン司令官は4日、北朝鮮問題への対応には中国の関与が必要だとの認識を示した。北朝鮮の核・ミサイル開発を巡っては、トランプ米大統領が2日の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のインタビューで、米国による単独行動も辞さない考えを示した。

ハイテン司令官は上院軍事委員会の公聴会で「北朝鮮問題のいかなる解決策にも中国の関与が必要だ」と指摘し、「戦略的観点からみて、中国が関与しない解決策は考えられない」と述べた。