[ワシントン 4日 ロイター] - 米上院銀行委員会は4日、ジェイ・クレイトン氏の証券取引委員会(SEC)委員長への指名を15対8の賛成多数で承認した。上院本会議でも承認が見込まれている。

弁護士のクレイトン氏は法律事務所サリバン・アンド・クロムウェルで企業の合併・買収(M&A)や資金調達を担当。一部の民主党委員は、同氏のウォール街との密接な関係について懸念があるとして反対票を投じた。

上院の承認を経てSEC委員長に就任後は、新規株式公開(IPO)や企業の資金調達を促進するため、規制緩和への道筋を探るとみられる。