[ロンドン 5日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)のブリハ金融政策委員は5日、消費は現在減速しつつあると見ているとし、欧州連合(EU)離脱決定を受けた英ポンド安による貿易への恩恵でこうした減速は完全に相殺されていないとの見方を示した。

同委員は講演後の質疑応答で「ポンド安は純輸出にプラスの影響を及ぼしていると見ている」としながらも、消費の減速を完全に相殺できるほどの規模かは疑問があるとし、「現時点ではそうは思わない」と述べた。