[サンフランシスコ 5日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は5日、復讐の目的で元交際相手の裸の画像などをネット上に暴露する「リベンジポルノ」に対する報告を容易にする機能と、一度削除された画像が再び共有されるのを自動的に防ぐ機能を新たに追加したと発表した。

同社の声明によると、利用者は5日以降、不適切な写真について報告できる。報告された写真は、特別な訓練を受けた同社従業員のグループがチェックするという。

また、画像照合ソフトウエアを用いて、一度削除された写真がフェイスブックや傘下の携帯端末向け写真共有サービス「インスタグラム」、メッセージアプリ「メッセンジャー」で再び共有されるのを防ぐ。「リベンジポルノ」を拡散させた利用者のアカウントは、停止される可能性もあるという。