[ベルリン 5日 ロイター] - 欧州委員会のドムブロフスキス副委員長は5日、一部の欧州連合(EU)加盟国から、英国のEU離脱後に金融機関が単一市場で営業活動を行うために必要となる「単一パスポート」の取得基準を他の加盟国が緩めているとの苦情を受けていることを明らかにした。

ロイター・テレビとのインタビューでの発言。

英国がEU離脱を準備する中、欧州の拠点をロンドンに置いている英国の一部金融機関と外資系銀行は、単一市場へのアクセスを維持するため、既に大陸での新拠点設置に向けた計画を進めている。

副委員長は、そうした金融機関を誘致するためにパスポートの取得基準の設定で(労働環境などの悪化につながる)底辺への競争があってはならないと強調。

「既にわれわれは、この点に関する苦情を受けている。EU全域で公平な競争の場を確保する必要がある」と述べた。

英国の金融機関の多くはフランクフルトやダブリン、パリ、ルクセンブルクなどへの拠点移転を検討している。