[シドニー 6日 ロイター] - 豪競争・消費者委員会(ACCC)は5日夜、外部の業者が修理したiPhone(アイフォーン)などの端末を使えなくしたとして米アップル<AAPL.O>を提訴した。

訴状によると、アップル以外の業者が画面の破損を修理した数百台のアイフォーンやiPad(アイパッド)について、ソフトウエアの更新によってロックし解除を拒否した。

ACCCのシムズ委員長は声明で、消費者法に基づく保証は第三者が修理したという理由で失われないと指摘した。

アップルの広報担当者は電子メールによるコメントの要請に応じていない。