[フランクフルト 6日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)の首席エコノミストであるプラート専務理事は6日、現行の金融政策への支持を表明した。ECBが債券買い入れ終了前に利上げを検討する可能性があるとの市場の憶測を一蹴した。

ある会合で「フォワードガイダンスは、金利政策と量的緩和政策の併用を示唆している。われわれの現在のスタンスの2つの主要構成要素の補完性を最も効果的に吸収し活用できるということだ」と述べた。