[ベルリン 6日 ロイター] - ドイツ連邦銀行(中銀)のワイトマン総裁は6日、欧州中央銀行(ECB)が積極的な金融緩和をいつどのように縮小するかについて検討を始めるのは合理的との認識を示した。

この日これより先、ドラギECB総裁は、現在の金融政策スタンスを見直す必要性はみられないと述べている。

ワイトマン総裁は「ユーロ圏の長期化した力強い景気回復と物価圧力の高まりを考えると、いつ理事会が金融政策の正常化を検討すべきか、さらにそれに伴いどのようにガイダンスを修正するかについて討議することはもっともである」と述べ、多くの経済指標が好ましい状況を示しているとして、自分なら緩和の縮小を想定する、とした。