[北京/パームビーチ(フロリダ) 7日 ロイター] - トランプ米大統領と中国の習近平国家主席の2日間の首脳会談がフロリダ州の別荘で始まった。初日の6日、習主席は投資や貿易の分野で協力を呼びかけ、トランプ大統領に中国訪問を招請した。

会談について、トランプ大統領は、中国の貿易慣行を巡る懸念を取り上げるほか、北朝鮮問題で中国に一層の解決努力を求める方針を示していた。

トランプ氏は6日の夕食会前、「われわれは長期的に非常にすばらしい関係を築けると思う」と述べた。

中国外務省が7日、ウェブサイトに掲載した声明によると、習主席は、両国が「二国間貿易・投資の健全な発展」を促進すべき、とし、トランプ大統領に「中・米関係を良好なものにする1000の理由があり、関係を悪化させる理由はひとつとしてない」と述べた、としている。

新華社は、中国政府関係者の話として、トランプ大統領が、習主席の中国訪問招請を受諾したと報じた。

2日目は、貿易や外交政策について、より突っ込んだ話し合いが行われる見通し。

*内容を追加しました。