[パリ 7日 ロイター] - フランス国立統計経済研究所(INSEE)が発表した2月の鉱工業生産指数は、市場予想に反して前月比1.6%低下だった。気温が高めだったことが影響しエネルギーの生産が低迷した。

ロイターがまとめたエコノミストの平均予想は0.5%上昇(レンジは0.9%低下─1.4%上昇)だった。

1月は前月比0.3%低下から0.2%低下に小幅上昇改定された。

2月の製造業生産指数は前月比0.6%低下。前月改定値は0.9%低下だった。