[バレッタ(マルタ) 7日 ロイター] - ギリシャを支援する国際債権団は、新規支援の条件となる改革案で最終合意にこぎ着けるための専門家チームを同国に派遣することで7日にも合意する見通しだ。ユーロ圏の政府高官が明らかにした。

ギリシャ支援について協議するユーロ圏財務相会合がこの日、マルタで開催される。

ユーロ圏の政府高官は「交渉団がアテネに戻ることに関し、この日にも合意があるだろう。提案に関する著しい進歩だ」と述べた。

専門家らで構成する交渉団がアテネに戻るということは、支援の条件となるギリシャの改革に関し、いわゆる「スタッフレベル」での最終合意が可能になることを意味している。この合意は、財務相らがレビューや金融支援を行うために必要となる。