[ロンドン 7日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行、BOE)のカーニー総裁は7日、インフレ加速に伴い英消費者の需要が減退するか、注視する姿勢を示した。

トムソン・ロイターのロンドンオフィスで講演した後の質疑応答で、英経済の強さに関して消費者の需要の強さが重要との認識を示し、「それが緩やかに減速する兆しが出ている。それはわれわれが予想していることだが、今後注視していく」と述べた。

また、今後2─3年以内に金利が上昇することを想定するBOEの直近の予測を挙げ「われわれの中心的予想には、両サイドのリスクがある」と述べた。