[ソウル 8日 ロイター] - 北朝鮮の外務省報道官は8日、米軍によるシリア空軍基地へのミサイル攻撃は主権国家に対する「許されない侵略行為」と非難した。

国営の朝鮮中央通信社(KCNA)が伝えた。

KCNAによると、外務省報道官は「今日の現実は、武力に武力で対抗するため自国の軍事力を強化するという北朝鮮の考えが100万倍正しい選択肢であることを証明した」と述べ、核兵器開発を暗に正当化した。