[ドバイ 9日 ロイター] - イランのロウハニ大統領は9日、シリアのアサド大統領と電話会談し、アサド政権への支持を表明するとともに、米のシリア軍基地への攻撃は主権侵害と非難した。

シリア国営通信SANAによると、アサド大統領は電話会談で、シリア市民と軍は「シリア領内でのテロリズムを壊滅する決意」だとし、イランの「シリア国家」に対する支持に謝意を示した。

ロウハニ大統領は演説で、米の攻撃を「シリアへの言語道断の侵略」と非難。また、サウジアラビアなど中東の湾岸諸国が米への支持を表明していることを批判した。

イラン国営テレビによると、ロウハニ大統領は「残念ながら、わが国の周辺地域には米国の侵略行動を後押しする国々もある」とし、米を支持する国にはなんらかのしっぺ返しがあるだろうと述べた。