[アムステルダム 7日 ロイター] - ドイツの総合エンジニアリング企業、シーメンス<SIEGn.DE>は7日、同社の社員が産業スパイの疑いでオランダ当局に逮捕されたと明らかにした。

シーメンスの広報担当者によると、現在この社員への取り調べが行われており、シーメンスは取り調べ対象となっていない。社員の所属部署などは明らかになっていない。

社員は、特許や企業機密情報を中国企業に漏えいした疑いが持たれており、中国に向かう途中に身柄を拘束された。所持品の他、自宅や職場を捜索したところ、複数のデジタルメモリーが見つかったという。