[ロサンゼルス 7日 ロイター] - 米カリフォルニア州のブラウン知事は7日、同州史上最悪規模の干ばつが終息したと公式に宣言した。

一帯を水浸しにするような嵐や雪解け水により、2011年末から干上がり始めた貯水池が満たされた。これにより、ブラウン氏は2014年1月に施行された緊急命令の大半を撤回した。

ただ、ブラウン氏は、節水の必要性は続いていると強調。「今回の干ばつ緊急事態は終わったが、次の干ばつが間近に迫っている可能性がある」と、声明で述べた。

干ばつにより、同州の農業経済は数十億ドルの損害を受け、推定1億本の樹木が枯死、50万エーカーの農地が休閑となり、一部の地域では住民に飲料水を供給する水源が枯渇した。