[イスタンブール 10日 ロイター] - トルコの家電大手ベステル<VESTL.IS>の幹部は10日、東芝<6502.T>とテレビ事業の買収に関して交渉を行っていることを確認した。

実現すればベステルにとっては世界市場におけるプレゼンス拡大につながる。

同幹部は「ベステルは東芝と交渉している」と語った。

日経新聞は週末、東芝がテレビ事業の売却に向けて動き出し、ベステルや中国企業数社が買収に名乗りを上げる見通しだと報じていた。

報道によると、売却額は最大で数百億円となる可能性があり、早ければ今年度内に手続きが完了する見込み。

ベステルは昨年、東芝のテレビ事業子会社、東芝映像ソリューションと、欧州でのテレビ事業についてブランドライセンス契約を結んだ。

ベステルはトルコから輸出されるテレビの85%、白物家電の29%を担っている。