[ウィーン 10日 ロイター] - オーストリアのシェリング財務相は、ギリシャの成長を後押しするため欧州連合(EU)は10億ユーロ(11億ドル)の特別投資プログラムを検討すべきとの考えを示した。

10日付スタンダード紙が報じた。

ギリシャが軌道に乗り資本市場に復帰するには、中長期的に持続可能な成長が必要と指摘。ユーロ圏経済の成長加速を共有できるよう手助けすることが重要と主張した。

ギリシャ政府からコメントは出ていない。ギリシャは、金融危機に対応し、来年債務支払いを除いて国内総生産(GDP)比3.5%の財政黒字を実現するために、さらなる支援と債務負担軽減を求めている。

同紙によると、シェリング財務相は「ギリシャ経済をさらに後押しするために、大規模な投資計画を欧州投資銀行か欧州安定メカニズム(ESM)を通じて始めるかどうか検討すべき。10億ユーロの規模が考えられる」と語った。

シェリング氏はデイセルブルム・ユーログループ議長の後継者の1人と考えられている。プロジェクトの1つとして、エネルギー輸入への依存軽減を念頭に再生可能エネルギーへの投資が考えられるとした。