[東京 10日 ロイター] - スパークス・グループ<8739.T>は10日、帝国繊維<3302.T>の発行済み株式を5.07%取得したことを明らかにした。10日付で大量保有報告書を関東財務局に提出した。

スパークスは、帝国繊維が、防災事業を中心に高い収益力を有していながら、資本を有効に活用していないと指摘。現預金が積み上がっているだけでなく、投資有価証券として保有しているヒューリック<3003.T>株が資産の中で過度に大きくなっているとしている。

スパークスの阿部修平社長は10日の会見で「帝国繊維の株価はヒューリックの株価に左右されるいびつな構造になってしまっている。売却を提案してきたい」と語っている。

(伊賀大記)