4月9日、米国のシリア攻撃により、アサド大統領(写真)の戦術はやや慎重化するかもしれないが、反体制派の一掃に向けた同盟国との軍事作戦を弱めることはなさそうだ。ダマスカスで撮影。SANA6日提供(2017年 ロイター/SANA/Handout via REUTERS)

[ベイルート 9日 ロイター] - トランプ米政権が6日、シリアの空軍基地を巡航ミサイルのトマホークで攻撃した。これによりアサド大統領の戦術はやや慎重化するかもしれないが、反体制派の一掃に向けた同盟国との軍事作戦を弱めることはなさそうだ。

 シリア内戦が始まって6年、米政権がアサド政権を直接攻撃したのはこれが初めてだ。

 しかしトマホークによる一回の攻撃だけではあまりにも限定的で、同政権と同盟国は「米政府はこれまで通り、アサド氏を打倒できるほどの強力な行動には及び腰だ」という確信を深めるだけだろう。

 シリアについての著書があるトリニティー大学の中東史教授、デービッド・レシュ氏は「アサド氏はこれで、化学兵器の使用に関してレッドライン(超えてはならない一線)があることを認識した。しかし彼は軽いお仕置き程度にしか考えていないだろうと私は思う」と述べた。

「アサド氏は微調整を迫られるが、ロシアが介入して以来採ってきた軍事アプローチを根本的に変える必要はない。米国の行動がこの程度で終わるなら、彼らはさほど傷ついていないと私は確信している」とレシュ氏は続けた。

 アサド大統領は米軍の攻撃後も挑戦的な態度を崩さず、「テロリスト」を一掃する努力を継続すると誓った。