ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

(2007年12月、上海)

 「そう、幸一さんが引き受けてくれたの。よかったわ、慶子さんも喜んだでしょう」

 カウンターの中で、迎春が我が事のように嬉々としている。

 新年まであと3日となった今日は客足も少なく、残っているのは2階フロアで忘年会を行っている一組だけになっていた。

 「ああ……手間のかかる奴さ」

 隆嗣がカウンターの隅で水割りのグラスを傾ける。マンションに戻って休んでいたところに、幸一からLVL工場の仕事を引き受ける旨の電話連絡を受けた隆嗣は、とりあえず心配していた迎春に知らせてやろうと、珍しくハイネックのセーターというソフトな格好で遅い時間に店へ現れた。

 「そんな言い方をして、本当はお気に入りなんでしょ?」

 迎春は遠慮なく言い、何か言い返そうとする隆嗣を無視して、1階のソファで手持ち無沙汰にしている小姐たちに声を掛けた。

 「みんな着替えなさい。もう帰っていいわよ。今日は早仕舞いするわ」

 憎まれ口を言うタイミングを殺がれ、苦笑いした隆嗣が話題を変える。

 「ご両親は変わりないかい?」

 「え、ええ。お蔭さまで……相変わらず父は肝臓の調子が良くないみたい。母はお酒を止めさせようとしているらしいけど、なかなか、ね」

 立芳を失い、職も失った父が、どのような心境で娘が送る仕送りで日々を送っているのだろうか。

 かつて李傑が語った立芳の『あの日』の顛末を、隆嗣はまだ迎春へは話していない。彼女へ語り、諦めることを自分に強いて18年の歳月を越えてきた両親に伝えたところで、何の意味もなさないだろうと思っていたのだ。

 「上海へ呼んだらどうだい。近くで世話をするほうが、君も安心だろう」

 しかし、迎春は首を振る。

 「何度か誘ってみたけれど、やはり上海には来たくないみたい。嫌いなのよ、この街が」

 二人は黙り込んでしまった。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村上卓郎(むらかみ・たくろう)

1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


連載経済小説 運命回廊

〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

「連載経済小説 運命回廊」

⇒バックナンバー一覧